株式会社 相和技術研究所 一級建築士事務所

事例紹介 projects

川崎市
中部リハビリテーションセンター

 
業務
設計監理
設計概要
発注者:神奈川県川崎市
用途:医療、庁舎、障害者施設
構造規模:鉄筋コンクリート造/地上2階
延床面積:2,842m2
所在地:神奈川県川崎市中原区井田3-16-1
竣工年月:2016年2月

緑と光と風のあふれる
障害者福祉施設

日中活動センター、障害者センター及び地域生活支援センターの三つの機能から成り立つ障害福祉サービス事業を行う施設として建設されるものです。障害種別や年齢を問わず利用できる施設計画とするため、機能上各センターをエリア分けし、それらを樹木のある中庭やテラスを介して繋ぐことにより、建物全体が奥行のある構成となっています。
周辺の緑地帯や敷地内の中庭・テラスから、豊かな景色や光・風を各室に十分に取り込めるような利用者目線のしつらえや、中庭・テラスに面してラウンジやホールを設けることで開放感を演出するなど、利用者・職員・地域住民が交流できる空間づくりを行っています。また、太陽光発電や、雨水再利用システムを導入し、環境に配慮した計画を行っています。

類似案件、相談をお寄せください。

お問い合わせはこちら 類似案件のプロポーザルや受託先を探していましたら、下記のお問い合わせページよりご連絡ください。