株式会社 相和技術研究所 一級建築士事務所

事例紹介 projects

和歌山県営
川永団地1期棟

 
業務
設計
設計概要
発注者:和歌山県
用途:住宅
構造規模:鉄筋コンクリート造/地上12階
延床面積:10,466m2
所在地:和歌山県和歌山市島51番地
竣工年月:2015年9月

県下最大規模団地の シンボルとなる高層住宅

敷地の有効利用のため低層住宅から高層住宅への建替え計画の1期工事として現在、施工中です。
生活援助員による日常生活支援サービスの提供を併せて行う高齢者世帯向けの住宅を1~4階までに32戸設けており、居住者となる高齢者の生活特性に配慮し計画しました。
高層化に伴う隣地のプライバシー保護、各住戸における眺望及び日照条件、地域との融合性を特に重視しました。隣接するリニューアル棟の白を基調としたイメージを踏襲しつつ、 温かみを与え、アクセントとなるよう明るいオレンジを配色し、シンボル性を持たせています。
屋根形状は陸屋根形状を採用。リニューアル棟との一体性を重視すると共に高層化に対しても高さを抑えたスカイラインとすることで軽快な建物イメージとしています。

類似案件、相談をお寄せください。

お問い合わせはこちら 類似案件のプロポーザルや受託先を探していましたら、下記のお問い合わせページよりご連絡ください。