株式会社 相和技術研究所 一級建築士事務所

事例紹介 projects

高石市
防災体育館

 
業務
設計
設計概要
発注者:大阪府高石市
用途:体育施設
構造規模:鉄筋コンクリート造+鉄骨造
地上3階

延床面積:4,317m2
所在地:大阪府高石市加茂四丁目 地内
竣工年月:2015年3月

健康(スポーツの拠点)と 安心(防災拠点施設)を両立

多目的広場のある都市計画公園の中に、公式競技大会が可能な広さを持つアリーナ、柔剣道場として利用できる多目的室やダンス教室が可能な軽運動室など、様々なスポーツ空間を持つ体育館として整備し、公園と一体となった施設を目指して計画しました。
体育館の特徴としては、利用率の高い施設となるように、アスリートまで対応するトレーニング室を設け、様々なプログラムが提供できるように大きな空間を区切って使えるように工夫をしています。
また、広域避難所に指定されている公園内の体育館であるため、全てのライフラインが断絶された場合を想定し、災害発生後3日間は対応できるように整備し、帰宅困難者への配慮もされた防災拠点としての機能も充実しています。

類似案件、相談をお寄せください。

お問い合わせはこちら 類似案件のプロポーザルや受託先を探していましたら、下記のお問い合わせページよりご連絡ください。