株式会社 相和技術研究所 一級建築士事務所

事例紹介 projects

休屋博物展示施設
(十和田ビジターセンター)

 
業務
設計監理
設計概要
発注者:環境省東北地方環境事務所
用途:レジャー、庁舎、社会教育
博物館展示施設、ビジターセンター
構造規模:木造/地上2階
延床面積:821m2
所在地:青森県十和田市大字奥瀬字十和田湖畔休屋486
竣工年月:2014年5月

十和田湖の自然の保全管理と 自然体験学習・情報交流の 拠点施設

多様な生物相からなる十和田の自然環境の保全活動を進めながら、様々な体験・情報を発信できる自然情報交流の拠点となる施設です。十和田八幡平国立公園内に位置し、西側には十和田湖畔が広がる園地の樹林や広場と一体となった景観配置を行っています。
外観は、十和田湖畔の景観になじむよう青森県産木材を用いて素材の質感や色彩を活かし、内部空間は、木構造トラス架構と展示設備が溶け込むように天井を高くし、ゆったりとさせています。さらに、自然体験・教育施設として植物や自然環境についての展示スペースや体験学習、講演会、イベント開催に利用できるスペースも設け、環境への配慮として自然エネルギーやLED照明設備を導入しています。

類似案件、相談をお寄せください。

お問い合わせはこちら 類似案件のプロポーザルや受託先を探していましたら、下記のお問い合わせページよりご連絡ください。