株式会社 相和技術研究所 一級建築士事務所

事例紹介 projects

警視庁
航空飛行隊江東飛行センター

 
業務
設計監理
設計概要
発注者:東京都警視庁
用途:庁舎
事務所・格納庫
構造規模:プレキャスト・プレストレストコンクリート造、一部鉄骨造/地上4階
延床面積:6,054m2
所在地:東京都江東区新木場四丁目7番
竣工年月:2012年3月

新しい時代に呼応し防災拠点としての役割を担う飛行センター

江東区新木場の東京ヘリポート敷地内にある既存施設の改築計画により、新築された施設で、都民の安全を守るだけでなく、災害時には防災拠点としての役割を果たすという使命を担っています。
大震災に十分耐えうる建物強度を確保することは当然のことながら、緊急時のスムーズな運用を可能とするヘリコプターの格納スペースの確保など、広域運用の利用にも十分対応できる施設です。明快でわかりやすく、使いやすい施設構成とし、ライフサイクルコスト低減を積極的に推進するため、省エネルギー化の推進と自然エネルギーの積極的な利用を取り入れました。格納庫の上部に事務スペースを確保するため、PCaPC(プレキャスト・プレストレストコンクリート)造を採用しました。主な躯体となる柱、梁を外観に見せることで、近代的なデザインとし、壁面緑化を施すことで、周囲の環境にも配慮しました。

類似案件、相談をお寄せください。

お問い合わせはこちら 類似案件のプロポーザルや受託先を探していましたら、下記のお問い合わせページよりご連絡ください。