株式会社 相和技術研究所 一級建築士事務所

事例紹介 projects

市原市立
ちはら台西中学校

 
業務
設計監理
設計概要
発注者:千葉県市原市
用途:中学校
校舎・体育館・屋上プール
構造規模:鉄筋コンクリート造+鉄骨造/地上3階
延床面積:7,502m2
所在地:千葉県市原市ちはら台西五丁目1番地
竣工年月:2011年12月

緑豊かな遊歩道に面した新しい街並みに調和する新設中学校

開発により人口が増加したニュータウンの分離新設校として計画された中学校です。
また高台にあるため、近隣の戸建て住宅と目線の交差する窓を避けたり、法面の延長線から建物が出ないようにするなど、建物による住環境の変化や圧迫感に対して配慮した配置新設中学校計画としました。
平面計画は生徒の利用が高い普通教室と多目的室に昇降口を隣接させて環境の良い南側に配置し、管理諸室を介して北側に特別教室、体育館、武道場をレイアウトすることで、管理しやすく一般開放しやすい明快なゾーニングとしました。
また、将来の教科教室型の運営方式に移行した場合に備え、大規模な改修を行わずに対応できるように計画しています。

類似案件、相談をお寄せください。

お問い合わせはこちら 類似案件のプロポーザルや受託先を探していましたら、下記のお問い合わせページよりご連絡ください。