株式会社 相和技術研究所 一級建築士事務所

事例紹介 projects

橋本市
やどり温泉いやしの湯

 
業務
設計監理
設計概要
発注者:和歌山県橋本市
用途:レジャー、宿泊施設
温泉宿泊施設
構造規模:[本館]鉄筋コンクリート造 [宿泊施設]木造(4棟)/[本館]地上1階、地下1階 [宿泊施設]地上2階
延床面積:826m2
所在地:和歌山県橋本市北宿5番地
竣工年月:2011年3月

豊な自然に囲まれた隠れ家のような温泉施設

世界遺産高野山への道半ば、山と川に挟まれた急斜面に建つ温泉宿泊施設です。斜面の形状に合わせて建物を計画し、高さを抑えて圧迫感をなくし、また、温かみのある施設とするため、内外装に地場産材である紀州材を使用しました。

「旅の途中に宿る」「訪れた方が癒される」をコンセプトに、敷地からの眺望を生かして、自然との一体感を生み出せるよう「ふれあいホール」と「温泉」は天井を高く、開口を大きくとることで解放感を演出しています。「宿泊施設(コテージ)」は大自然の中に宿るという意味も込め、本館とは切り放して個々に配置し、四季折々の豊かな自然に囲まれ、調和し、やさしい施設となるよう心掛けました。

類似案件、相談をお寄せください。

お問い合わせはこちら 類似案件のプロポーザルや受託先を探していましたら、下記のお問い合わせページよりご連絡ください。