株式会社 相和技術研究所 一級建築士事務所

事例紹介 projects

足立区立
第九中学校

 
業務
設計監理耐震
設計概要
発注者:東京都足立区
用途:リノベーション、中学校
構造規模:鉄筋コンクリート造(外付PCアウトフレーム工法・鉄骨ブレース工法)/地上4階
延床面積:7,325m2
所在地:東京都足立区梅田6-32-1
竣工年月:2010年12月

既存財産と伝統を活かした
大規模改修

伝統ある学校の老朽化や、周辺環境の変化に伴う生徒数増加に対応するため、既存躯体を最大限活かし、動線・空間構成を再構築した大規模改修工事と増築工事を行いました。施設全体の完全バリアフリー化や教室数の増加、内装の全面更新、情報化(ICT)社会に対応した設備の導入などの学習・生活環境を整えるとともに、給食場やトイレなどの衛生・作業環境の改善、避難経路の設備更新、体育館に遠赤外線暖房器具設置の他、屋上緑化や太陽光システムも導入しています。既存躯体については、全面補修する他、外付PCアウトフレーム工法 や鉄骨ブレース補強などの耐震補強工法を使い勝手や用途に合わせて適切に選定し、耐震性能をもたせています。
また、同時期に第四中学校、第七中学校の大規模改修工事も行いました。

類似案件、相談をお寄せください。

お問い合わせはこちら 類似案件のプロポーザルや受託先を探していましたら、下記のお問い合わせページよりご連絡ください。