株式会社 相和技術研究所 一級建築士事務所

事例紹介 projects

世田谷区
砧総合支所・成城ホール

 
業務
設計監理
設計概要
発注者:東京都世田谷区
用途:保健施設、庁舎、文化施設
総合支所、保健センター、区民会館
構造規模:鉄筋コンクリート造(一部プレキャスト・プレストレストコンクリート造)/地上4階、地下1階
延床面積:7,730m2
所在地:東京都世田谷区成城六丁目2番1号
竣工年月:2009年3月

最新の技術を駆使し使いやすい工夫が施された区民のための公共施設

街並みの中に『ひろば』をつくりだすことを大きなテーマとし、建物の前面に奥行10mの広場を設け、前庭兼イベントスペースを創出し、災害時には車両を横付けして緊急援助物資集積所機能を担います。また、沿道緑化やバルコニー・屋上緑化など、奥行きのある緑のネットワークを形成しています。
多目的ホールは、昇降ステージと移動観覧席を組み合わせ、 バリアフリーホールとして可動プロセニアム機構と併せ、225席から400席程度の様々なシーンを創出することが出来ます。設備面では、ライトシェルフによる太陽光の取り込み、空調負荷低減、設備囲い兼用の太陽光発電パネルや雨水利用などに取り組み、外観は街並みに落ち着きをつくりだしています。

類似案件、相談をお寄せください。

お問い合わせはこちら 類似案件のプロポーザルや受託先を探していましたら、下記のお問い合わせページよりご連絡ください。